コロロ発達療育センターは、発達障害や自閉症、ことばのおくれや集団に適応できないなどの問題を抱える子ども達のための療育機関です。

コロロメソッドとは

お子様のこんなお悩みありませんか?

ことばが増えない

ことばが出ない
会話にならない
質問にこたえられない
詳しく見る>>

集団に入れない

座っていられない
みんなと一緒に活動できない
詳しく見る>>

困った行動がある

こだわりがつよい
自傷・他害
詳しく見る>>

 

コロロメソッドってこんな考え方です!

 コロロの目指すものは「いつでも  どこでも  だれとでも」。
今、色んな問題を抱える子どもたちが、大人になってからも、誰かから差し伸べられた手を素直にとることができるように、どこでも健康な身体と穏やかな心で過ごせるように・・・そのためには「あたま」「からだ」「こころ」をバランスよく育てていくことが大切だとコロロは考えています。
コロロの療育の中心は「三本柱」と呼ばれる療育プログラムです。

1.ことばをそだてる

言葉が出ない・ふえない・言葉でのコミュニケーションがうまくいかない・・・。そんな子どもたちのために考え出された独自の学習プログラムで、ことばや数の理解を深め、コミュニケーション力、考える力を伸ばします。

2.身体を育てる

自分の体を意識し、コントロールするための運動課題がコロロにはたくさんあります。立つ・すわる・歩くなどの簡単な動きから、力を出す・持続させるなど、生きていくために必要な身体の動きやコントロール方法を学んでいきます。

3.適応力・社会性を育てる

発達障害をもつお子さんが抱える、こだわりやパターン行動、みんなと一緒の行動が苦手・・・などの問題を、集団指導をベースにして改善していきます。計画的・段階的にこだわりをくずすプログラムを作り、「いつでもどこでもだれとでも」適応行動がとれることを目指します。

この三本柱の考え方に基づき、幼児期~学童期まで、それぞれの
年齢に応じた療育プログラムを実践しています。


リンク