コロロ発達療育センターは、発達障害や自閉症、ことばのおくれや集団に適応できないなどの問題を抱える子ども達のための療育機関です。

自閉症の方とそのご家族のために Warmth vol.3

チャリティピアノコンサート


「Warmth vol.3 ―自閉症の方とそのご家族のために―

本公演は、すべての方に純粋に音楽をお楽しみいただくためのクラシックコンサートです。障がいの有無に関わらず、どなたでもお入りいただけます。

 
warmth vol.3warmth vol3
Warmthは、「ハンディキャップの有無に関わらず、本格的なクラシックコンサートを気兼ねなくお楽しみいただきたい」という願いのもと、2013年1月、第一回公演が開催されました。
従来のクラシックコンサートでは、演奏中の出入りなどできず、咳ひとつするにも気を遣う雰囲気がありますが、本公演では、演奏の合間に話などを交えリラックスしていただけるような工夫をしています。

また、途中退場などを含めさまざまな状況に、経験豊富なボランティアスタッフが対応いたします。
同時に、主催者であるピアニスト、阿部真子氏や同志が探求する、ロシアピアニズムに基づく多彩なピアノの響きで綴る音楽をお楽しみいただけるのも、この公演の特徴のひとつです。

過去2回の公演においては、たくさんのお客様にお越しいただき、大きな反響を呼びました。第三回目となる今回は、二人の自閉症ピアニストを特別ゲストとして迎え紹介するなど、新たな趣向も盛り込まれています。
クリスマスで賑わう休日のひととき、ご家族でクラシックコンサート・・・はいかがでしょうか。

主催:Warmth実行委員会
後援: 武蔵野市  一般社団法人 日本自閉症協会  社会福祉法人コロロ学舎  
    コロロ発達療育センター  社会福祉法人武蔵野  むさしの小児発達クリニック

【日付】2015年12月23日(水・祝)

【於】武蔵野市民文化会館 小ホール(最寄駅:JR三鷹駅)
【アフタヌーンコンサート】
開場14:00  開演14:30
一般 ¥3,000―
学生・障がい者手帳をお持ちの方¥1,500―

※全席自由

【お問い合わせ】
Warmth事務局  tel: 0422―56―2356   E-mail: miyajimayoshiki@icloud.com

【チケットぴあ での購入】Pコード=277682

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1545086

【プログラム】
バッハ「平均律グラヴィーア曲集 第1巻」より第1番BWV846

チャイコフスキー=プレトニョフ 「眠りの森の美女」より

ベートーヴェン ピアノソナタ 第31番 op.110

シベリウス 5つの小品 樹木の組曲より「樅の木」

ジョージ・ウィンストン Longing Love

ほか

 
【演奏者の紹介】
阿部 真子
東京都出身。桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学ペダゴジカルディプロマ修了。在学中より、合唱、声楽の伴奏として、演奏会、コンクール、レコーディングなどに多数出演。卒業後は、ソロ活動のほか、メトロポリタン教授陣によるマスタークラスへのピアニストとして参加。いわき市(福島県)在住時には、同市友好都市交流事業にてオーストラリア室内楽音楽祭へ派遣されるなど、活動の場を広げる。これまでに、ピアノを天野敬子氏、広瀬正子氏、広瀬 康氏に師事。また、J. ルヴィエ氏、A. イエンナー氏、D. ヨッフェ氏のマスタークラスを受講。現在、P. ネルセシアン氏に師事し、作品のもつ精神性と身体論の知見による合理的奏法に基づいた多彩な響きを求めるピアニズムの融合を追及し、研鑚を積む。また、音楽的見地からより特化した指導にて後進の育成にあたるほか、多くの方にクラシック音楽を楽しんでいただくための社会的音楽活動「自閉症の方とそのご家族のためのチャリティコンサート Warmth 」を同志とともに開催。その活動は高く評価され、今後一層の活躍が期待されている。

尾澤 瑞樹
 1981年 神奈川県出身。桐朋学園付属こどものための音楽教室を経て、 桐朋女子高等学校音楽科(共学)、東京芸術大学音楽学部を卒業。 これまでに、西田理恵、加藤伸佳、古畑由美子、大野眞嗣、迫昭嘉 各氏に師事。2004年に演奏活動を開始。ピアノソロでの演奏のほか、江戸川フィルハーモニーと競演や室内楽、器楽伴奏、声楽伴奏など、多くのコンサートに出演。コンサートを自ら企画することにも積極的で、中でもチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」をピアノカルテットに編曲しあらすじと共に演奏したコンサートは多くの反響を呼んだ。近年は、ピアニスト・阿部真子氏と共に、ピアノ音楽の魅力に様々な側面からアプローチするコンサート 『Note – 音の軌跡 -』をシリーズで公演。2014年開催のいかるが音楽コンクールC2部門 第一位入賞など、これまで多くのコンクールに上位入賞している。ピアノという楽器のもつ表現力を追求し、国外アーティストのマスタークラスを数多く受講。
近年はP.ネルセシアン氏に師事し、楽曲解釈と奏法の密接な関係に着目し研鑽を積んでいる。

宮島 喜来
早稲田大学法学部在学。3歳よりピアノを始め、7歳より阿部真子氏に師事。2004年 第12回ヤングアーチストピアノコンクールAグループにて銅賞受賞。2007年 第4回北本ピアノコンクールD部門で第4位。同年、第24回 日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションにて奨励賞受賞。2013年 第13回全日本アールンピアノコンペティション東京エリア大会で全部門総合1位。全国大会出場。重度の自閉症の兄がおり、社会の発達障がいへの理解を深めることを自らのライフワークとしている。

宮川 星太郎
前田 吉雄

 
本公演の収益は全額自閉症関連団体へ寄付させていただきます。

発達プログラム2019年度年間購読

リンク